八海山・八ッ峰縦走
(ハッカイサン)
標高1720m(大日岳)
南魚沼市
登山日2020年
9月21日(土)
  大日岳からの展望

● 再び八海山

 八海山は2016年 7月に一度登っている、この時は屏風道を登った、今度はロープウェーを使って、山の会のMさん、Yさんと登ろう という事に成ったが、なかなか良い天気に恵まれず、延び延びになっていた、曇りだが晴れ間が出るという予報に賭けて決行する。


 八海山のロープウェーの駅に着く、この建物は昔スキーで来た時の覚えがある、まだ早いのでMさんが八海山の冷水をお土産にする ために袋に詰める、今はおみやげの売店に成っているようだ。


旧ゴンドラリフトの駅、この建物は覚えがある

 八海山ロープウェーの駅はここからさらに上に登ったところにあった、駅の入り口の所には2,30名の登山者が開くのを待ってい る、支度をして私たちも後に並んだ、祭日なので始発は8:00だろうと思っていたが、8:00過ぎにシャッターが開いてアルコールを出 したり、体温を測ったりとなかなか先に進まない、でも乗車券の販売でモンベルのカードを出すと往復券2000円が500円割引になり しかも5名までという事で、ここだけで入会金の元が取れてしまった。


 コロナ対策か、ロープウェーは40名ほど乗ったところで出発する、外は曇っていてほとんど見えない、ロープウェーを降りると昔 のゴンドラリフトの駅と同じ場所で、スキーの時はここから左の斜面に滑り降りた、すぐ上に八海山大神が祭られていて、鳥居をくぐ って登山道に入る。


● 歩き始める

八海山大神が祭られている 鳥居をくぐって登山道に入る

 このところの雨のせいか、登山道は泥濘が沢山有って滑りやすい、下山が心配だ、屏風道は登り一辺倒だったが、こちらは下るとこ ろもかなり有る、Mさんは最近、立山、奥大日岳帰りで、絶好調なのかピッチが速い、私は遅れないように必死に付いていく。


 後ろから登山者が迫って来るので先を譲るが、皆さん歩くのが早く、すぐに見えなくなってしまった。


あと少しで女人堂 女人堂に着く

● 女人堂

 女人堂には八海山大神が祭られていて綺麗な避難小屋が有る。


 雨が落ちて来る、登山道は急な登りに成り、鎖の付けられた岩場もあった、でも雨は予報の通りそのうちに上がってくれて、あたり はガスに覆われる、今年は行いが悪いのか、どうも天候に恵まれない。


 薬師岳には石仏や鳥居、鐘など有って、八海山が古来より信仰の山だというのが良く解る、記念写真など撮って休憩する。


薬師岳山頂

 薬師岳からは緩い登りになり、ガスの中、法螺貝の音が聞こえて来る、千本檜小屋は近そうだ、修験者が居るのかと思ったら、千本檜小屋の主人が、法螺貝で登山者を迎えているようだった。


● いよいよ八ッ峰

 小屋のベンチで一休み、軽く腹ごしらえをする、ここからいよいよ八ッ峰だ、不要なストックなどを小屋にデポして八ッ峰に向かう。


八ッ峰最初の地蔵岳、山頂はガスの中

 縦走路を進み巻き道の分岐を左に登るとT字路になりそこも左に行くと、八ッ峰最初の地蔵岳山頂に出る、あいにくガスで展望は無い。


前回登った時の地蔵岳からの展望

 前回登った時はこんな絶景が見られたのだが、でも高度感が無い分怖さもあまり感じず、登山者も少ないので、後ろから煽るられる ことも無く、自分たちのペースで歩けるのは有難い。


地蔵岳山頂から不動岳方面 不動岳山頂

 地蔵岳を下って不動岳に登る、山頂には燭台や石仏や石碑、石祠など沢山ある。


● 天気が回復してくる

不動岳を下る 天候が回復してきた

 不動岳を下る、此処も尾根の左側はぐっと落ち込んでいるので、見えればかなりの恐怖心を覚える所だ、少し天候が回復して来て雲 間に六日町と思われる新潟の平野が見えて来る。


白河岳あたり 正面に摩利支岳

 白河岳あたりまで来た、このへんで八ッ峰を半分くらい来た事になる、先に進むと、摩利支岳がひときわ高い。


 摩利支岳の山頂で写真を撮って、次の剣ヶ峰との鞍部に下る、ここまで来れば後二つ。


摩利支岳を下る 剣ヶ峰の登り、前を行く登山者

 剣ヶ峰の登りでは登山者が、下って来た、反対周りなのか、飲み物を落としたので取に行ったとか言っていた。


● 最後の大日岳

岩場に咲く花 大日岳を登るYさん

 今の時期、花は少ない、岩場に一株花が咲く、最後の大日岳、ほぼ垂直の階段を登るYさん、階段の上に鎖が有るが、ここは足を置 くところが少なく、かなり迷ったようだ、でも何とか突破、大日岳山頂に登る。


大日岳山頂で 大日岳を下って振り返る、ここを下って来た

 最後の大日岳で記念写真を撮り休憩する、ここの下りはちょっと手ごわい、前を行く二人組の登山者、一人は岩場が初めてのようで かなり手間取っている、初めてでここに連れてこられてもかわいそうだ。


 今日は万が一の為にザイルを持ってきている、今まで使わなかったが、せっかく持ってきたのでザイルを出し、下りで確保してみ る、ここは支点が無く、短い鎖のアンカーにかけるしかない、斜面が急すぎて下が見えないので、ザイルを繰り出すのにも適当になっ てしまう、Yさんは、もちろんザイルに頼ることなく、無事下まで降りた。


● 巻き道を下る

大日岳の次にもう一つの岩峰 巻き道の長い梯子を下る

 大日岳の先にもう一つ岩峰がある、山頂には石仏など無いので、峰の数には入って無いのだろうが、ここもかなりの岩山だ、ここを 下ると、巻き道との分岐がある、今日はロープウェーの最終が 4:00 なので、ここまでで巻き道を戻ることにする。


 巻き道と行っても長く急な梯子や、片斜面の狭い岩場など危険なところは沢山有って、コースタイムは八ッ峰と変わらない。


巻き道から、上の岩峰は何処だろう 此処にも花が咲いていた

 巻き道を通って、千本檜小屋まで戻ると、登って来るパーティーがいる、小屋泊りなのだろう。


 デポしてあった荷物を回収、早々に下山に架かる、小屋番のご主人が、次は屏風道から登ってくださいと言って法螺貝を吹いてくれ た。


 Mさんのペースは全く衰えず、速いペースで下って行く、女人堂で休憩して、ロープウェー駅には 15:30 には到着、展望台に寄っ てから靴の泥を落として、ロープウェーの人となる。


 帰りのロープウェーでは懐かしい八海山のスキー場のゲレンデを見ることが出来た、六日町の温泉「湯とりあ」の熱い湯で汗を流し て、関越道をゆっくり帰る、赤城のサービスエリアに寄るが、連休という事もあって、ものすごく混んでいて、駐車場に入るまでしば らく待たされた、コロナが怖いので、トイレだけですぐに出発する。


 前橋当たりで渋滞に合うが、こんな事は久しぶりだ、八海山の厳しくも楽しい山行に無事、行って来ることが出来た。



● 記録


 ロープウェー駅 8:38 -(1:00)- 9:38 女人堂 9:46 -(0:45)- 10:31 薬師岳 10:35 -(0:06)- 10:41 千本檜小屋 10:52 -(0:14)-


 11:06 地蔵岳 -(0:59)- 12:05 摩利支岳 -(0:16)- 12:21 大日岳 -(1:27)- 13:48 千本檜小屋 13:52 -(0:38)- 14:30


 女人堂 14:38 -(0:52)- 15:30 ロープウェー駅


カシミール3Dで作る 登り赤、下り青

2020年 9月 foxtrot