八間山
(ハチケンザン)
標高1934.5m
吾妻郡中之条町
登山日2020年 7月19日
  八間山

● 梅雨の晴れ間に

 梅雨真っ盛りだが、19日(日)は好天の予報が出ている、これを逃すと7月は山無しに成ってしまいそうなので急遽、処かへ登ろう と良さそうな山を探す。


 以前より、佐久の方の山に行ってみたいと思っていたが、調べてみると、良さそうなのだが標高が千メートルちょっとしか無い、今 の時期、晴れて気温が高くなると登るのは辛そうだ、山の会の O さんや、T さんがつい最近、野反湖に行ってキスゲを見てきたとレ ポートを寄せていたので、私もこれに便乗することにした。


 八間山は山歩きを始めて3年め、今から20数年前に登って以来一度も行ってない、山頂での無線運用もしてないので、花と無線を楽 しめそうと、行くことにする、山頂まであまり時間がかからないので、6m も持って行くことにする。


 最近人気の八ッ場ダムのある145号線のバイパスを通って長野原から405号線に入る、久しぶりに来るとすっかり変わってしった道 路に戸惑ってしまう。


 野反峠の駐車場に車を入れる、天気が良いので沢山の人が来ていて、駐車場は八割方は埋まっているだろうか、傍らには黄色いノゾ リキスゲが咲いている。


駐車場に入る 梅雨の晴れ間、天気は良さそうだ

目指す八間山 沢山の花が咲いている

 道路を横断して登山道に入る、花は沢山咲いているので、写真を撮りながらのんびりと登って行く、湖畔の方にもたくさんの花が咲 いていて、観光客は沢山いるようだ、駐車場に車がいっぱい有ったので、登山者もいっぱい居るのかと思ったら、そうでもないよう だ。


ノゾリキスゲ  

 途中のコマクサの群生地入る、花は小さいようだが綺麗に咲いていて、丁度見ごろだ。


コマクサ  

ウスユキソウ シモツケソウ

ノゾリキスゲとハナショウブ オオバギボウシ

ハクサンフウロ シモツケソウ

オニアザミ

 写真を撮りながら登って行くと展望が良くなって来て、野反湖が見えて来る。


展望が良くなって来る シモツケソウ

 途中にある1828mのピーク、イカ岩の頭を通過する、近くにイカの形をした岩でもあるのだろうか。


1828m イカ岩の頭

クルマユリ ノギラン

● 八間山山頂

八間山の三角点 八間山山頂

 山頂に着くと数名の登山者がいる、まずは写真を撮って、無線が出来そうな所を探す、山頂東側に古い材木が積み上げられていて、 八間山無線ロボット・・と書かれている、雨量計の残骸のようだ、ここに、釣り竿のヘンテナを立て、50MHzを聞くと、お馴染みの Hさんが安中市から出ていたので交信してもらう、足利市の天狗山からは Kさんが出ていたので交信していただいた。


 50MHzではCQを出してもなかなか応答が無いので、430MHzに変えてCQをだすと、さいたま西区、春日部市、大宮区杉戸町、伊 奈町、秩父の皇鈴山、伊勢崎市、川乗山、美ヶ原の王ヶ頭と沢山の局と交信することが出来た。


白砂山方面

トモエシオガマ カラマツソウ

 

 晴れてはいるが時折雲が沸いて来る、日差しが出ると暑いが、山の上は爽やかで、雨が心配だったが、降られる事も無く、花と無線 を楽しむことが出来た。


● 記録


 駐車場 9:53 -(1:10)- 11:03 イカ岩の頭(1828m) -(0:27)- 11:30 八間山山頂 13:21 -(0:15)- 13:36 イカ岩の頭 -(0:32)- 14:08 駐車場


登り赤・下り青 カシミール3Dで作る


 帰りに以前から見たいと思っていた「チャツボミゴケ」に行ってみる、花敷温泉のあたりにある案内板にならって行ってみると、狭 くてカーブの連続する道をかなり走らされる、案内板の有る三差路に出る、ここから大高山の登山口に行けるようだ。


 チャツボミゴケ公園の駐車場に着くと火山のにおいが鼻を衝く。


チャツボミゴケ公園の案内板 チャツボミゴケ

 時間が心配だったが何とか間に合った、受付で \600 を払いマスクをしてマイクロバスに乗り込む、穴地獄の近くまで1Kmほどを 送ってもらえる。


 チャツボミゴケの育つ穴地獄は昔、鉄鉱石を露天掘りした穴の跡で、今穴は無いが、強酸性の温泉水が流れる所に苔が群生してい る。


 写真を撮りながら、木道を一周する、近くには大平湿原や、常布ノ滝、大池や水池などが有るので、これらを絡めて来てみるのも良 さそうだ。


 帰りは草津方面に向かうと、天狗スキー場の所に出た、こちらの方が近いような気がする。



2020年 7月 foxtrot