ポケットダイポール の小さな改造  2021年11月


 昔から6mの移動運用をするときは自作のヘンテナを使ってきた。


 ピコ6を買ったとき、ミズホのポケットダイポールも買っておいたのだが、すぐにヘンテナを作ったので、ポケットダイポールは今 までずっと使うことが無かった。


 今では入手不可能で貴重なアンテナだが、樹林帯でも、ポケットダイポールならアンテナが上げられると思いつき、取り出してみ た。


 一応釣竿に取り付けられるように、紐を通してあるが、取り外しの出来る、結束バンドで留められれば、より安定する、そこで給電 部の樹脂の両側の穴を縦に広げて結束バンドが通るようにしてみた。


 それと竿が当たる部分を丸く削ってみたところ、左右に傾くことも無くなり、結果は上々、紐でぶら下げるのと違い、ワンタッチで 留められ、傾くことも無く、安定して具合が良い。


丸い穴を縦に広げる

竿の当たる所を丸く削る

 困った事が

 ネジで給電部から取り外しができるロッドアンテナだが、何度か付けたり外したりしていたら、かしめてあるネジの部分が廻ってし まい、から廻りしてはずすことが出来なくなってしまった。


 8ヶ所かしめてある所に穴が開いているようなので、アロンアルファーを滴下してみたが、多少は付くもののすぐに廻ってしまう、 半田付けはどうかと試みるが、アンテナはステンレスのようで付かない。


 そこで、かしめたところの穴の上からドリルで1.6Φの穴を開けて、M2のタップを切ってネジで留めてみた。


M2のネジで留める

 当初、互い違いに2ヶ所ネジで留めようと思っていたが、1本でも十分のようなので一応これで様子をみる。


 ちょっと6mの運用が楽しみだ。


2021年11月 foxtrot